体内酵素と食物酵素とは?

人間の体には、酵素は欠かせない成分です。
酵素は、大きく分けて体内酵素と食物酵素に分けられます。
体内酵素は、消化酵素、代謝酵素の2つ、そして、食物酵素の、合計3つが酵素の大きな分類となります。
体内酵素の主なはたらきは、消化器官のなかで分泌される酵素で食べ物を消化する働きに加担します。
これが消化酵素。昔、学校で習った記憶はありませんか?
さらに、代謝酵素といって、病気を治したり免疫力などを高め、人間の生命活動には不可欠な酵素です。
実は、このふたつの酵素は、生まれたときから遺伝子レベルで生成される量が人によって決まっているといわれています。そのため、潜在酵素とも呼ばれています。
さらに、最後の食物酵素。これは、食べ物などの摂取で外から取り入れられる酵素になります。
果物や野菜に含まれる豊富な酵素が、体内に取り入れられると消化酵素としてはたらきます。
こうした働きを考えると、人間が食生活を送る上で不可欠なものですね。
酵素が不足すると消化が正しく行われず、消化不良によって排泄が滞ったり、老廃物が蓄積されて体内に有害物質が発生するなどの悪循環に陥ります。
さらに、こうした循環が習慣化されると、免疫力も一気に落ち、体内に細菌やウィルスが侵入したときに抵抗する本来の力が失われていくので、不足が恐ろしい状態を招くことが予想されます。
潜在酵素のふたつは、加齢とともに失われていく一方なので、自ら摂取しなければいけないものです。
さらに、消化酵素と代謝酵素はお互いの消費の働きに連動するため、消化酵素を使用したら、代謝酵素も生産されなくなり、免疫力の低下や老化が進んでいきます。
これを食い止めるために、食物酵素で代謝酵素をチャージすることが必要なのです。
代謝酵素をアップさせるために、今では様々な酵素ドリンクが開発され、販売されています。

食生活にサプリメントとして取り入れることが推奨されているほど、重要な生命機能なんですね。
酵素の重要性がおわかりいただけたでしょうか?
日々、野菜や果物など酵素の含まれる食品を積極的に摂り、代謝や排泄を促すライフスタイルを作っていくことが大切だと言われています。

体内酵素と食物酵素関連ページ

代謝酵素と消化酵素
優れたダイエット効果によって今注目を集めている酵素ドリンク、酵素サプリメントについて、様々な商品を比較検討し紹介しています。また酵素ダイエットだけではなく様々な健康の効果を解説しているサイトです。