代謝酵素と食物酵素とは

食べ物を摂取してから、消化されて排出されるというサイクルの中に、「酵素」が欠かせません。
酵素には、大きく分けて、体内酵素と食物酵素に分けられます。
消化酵素、代謝酵素の2つをあわせて体内酵素と呼んでいます。それに食物酵素をプラスした、合計3つが酵素の大きな分類となります。
体内酵素は、消化器官で分泌される酵素によって、食べ物を消化する働きをします。
この、消化を司る酵素が、みなさんが耳なじみのある消化酵素です。
さらに、「代謝酵素」といって、体内の免疫力を高めてくれる酵素があるのをご存じでしょうか?
この二つの体内酵素が、互いに働き合って、人間の消化のはたらきを促進してくれているのです。
しかしこれらの酵素は、生まれたときから遺伝子レベルで生成される量が人によって決まっているといわれています。
そのため、潜在酵素とも呼ばれています。
代謝酵素は、わたしたちが脳や体を動かすときに必要とされる、血液や消化器官のはたらきを機能させるための酵素です。
これは、年齢とともに減少していき、生成されたとしても消化酵素のはたらきを補うために消費してしまうので、不足すれば基礎代謝が落ちてしまいます。
加齢によって新陳代謝が下がったり、基礎代謝の乱れで痩せにくくなるのは、このためです。
そこで登場するのが、「食物酵素」。これは、食べ物などの摂取で外から取り入れられる酵素になります。
果物や野菜に含まれる豊富な酵素が、体内に取り入れられると消化酵素としてはたらきます。
つまり、不足した体内酵素を食物酵素で補うことで、代謝のはたらきをしている本来の代謝酵素の量を素早く増やし、消化を助けているのですね。
本来、消化酵素に必要な酵素の量は決まっているため、それ以上の酵素を食物酵素から摂取した場合は、余分な酵素を代謝酵素に回せるという仕組みがあります。

従って、体内の全体の酵素の量をトータルで引き上げることが、健康維持で大切なポイントになります。
こうした働きを考えると、3つの酵素すべてが、人間が食生活を送る上で不可欠なものなんですね。

代謝酵素と消化酵素関連ページ

体内酵素と食物酵素